住宅塗装業者選びに悩んでいる方に、小冊子を無料プレゼント!
『失敗しない塗装工事 納得・満足できる塗装工事実現マニュアル』

神奈川県
横浜(鶴見区,神奈川区,西区,中区,南区,港南区,保土ヶ谷区,旭区,磯子区,金沢区,港北区,緑区,青葉区,都筑区,戸塚区,栄区,泉区,瀬谷区),川崎,横須賀,鎌倉,逗子,三浦,相模原,厚木,大和,海老名,座間,綾瀬,平塚,藤沢,茅ヶ崎,秦野,伊勢原,南足柄,小田原,三浦郡,愛甲郡,中郡,足柄上郡,足柄下郡,高座郡
※上記以外のエリアも対応しておりますのでお気軽にご相談ください。 神奈川県横浜市 外壁塗装
HOME > ガイナ 省エネ 断熱塗装
横浜 省エネ 断熱塗装 ガイナ 横浜 ガイナを塗るだけで夏は涼しく冬暖かに
横浜 省エネ 断熱塗装 ガイナ 樹脂を塗料化したペンキなどの従来の塗料は、住宅の美観確保と防水を目的としたものに過ぎませんでした。
ガイナが他の塗料と一線を画すのは、特殊セラミックの効果によるものです。セラミックには、遠赤外線のセラミックや超硬度セラミックなど、さまざまな種類があります。そのひとつである断熱性能に特化した種類のセラミックを中心に、アクリルシリコン樹脂とのハイブリットにより塗料化に成功したのがガイナです。
住まいの屋根、外壁、室内の壁、天井などに塗るだけで幅広い機能を発揮します。例えば、その主要な効果のひとつに断熱・遮熱効果があります。
ガイナに配合された特殊セラミックビーズが、態様太陽光線や熱を跳ね返し、屋根や壁と守るとともに、夏の室内温度情報を防いでくれます。同時に壁材等への蓄熱も抑えるので、夜になっても暑いということがありません。
塗るだけで快適な居住性を確保し、住宅等の省エネ効果を高めるガイナは、塗料を超えた機能性環境改善塗材です。

横浜 ガイナ 耐久性2〜3倍の構造

ガイナを塗った表面は、乾燥すると特殊セラミックビーズでコーティングされます。このコーティングが太陽光線や熱、音、汚れなどを跳ね返すため、ガイナは優れた遮熱、断熱、防音効果を発揮します。
耐久性も一般塗料の2〜3倍になります。
  • 横浜 ガイナ 構造体自然乾燥することで、塗布表面がセラミックコーティング化されます。
  • 横浜 ガイナ セラミックビーズガイナに含まれる特殊セラミックビーズ配合分布状況。

横浜 ガイナ ロケット開発で培われた断熱技術

横浜 ガイナ 宇宙航空技術開発機構 JAXA 高性能断熱塗材によって、H-IIロケットを守った宇宙航空研究開発機構(JAXA)の技術を、私たちの暮らしの中で活用可能にしたのがガイナです。機能性環境改善塗材であるガイナは、従来の常識を覆し、断熱性の高い特殊セラミックを塗料化することに成功しました。

横浜 ガイナの消臭効果

太陽光線や照明の光を受けたセラミックビーズには光エネルギーを室内に拡散し、イオンバランスを高める効果があります。これがイオン化作用です。
この作用により、空気中のプラスイオンとマイナスイオンのバランスがとれると、有害物質を抑制(酸化)し、雑菌の繁殖を抑え、免疫力を高める(還元)作用をもたらす空気質が生まれます。ガイナの優れた消臭効果の理由はここにあります。 横浜 ガイナ セラミックビーズによるイオン化作用の仕組み

横浜 ガイナの実績

  • 横浜 ガイナ 倉庫内温度が15度以上も低下

    横浜 ガイナ 省エネ 断熱塗装 埼玉県志木市物流倉庫
    屋根1300uに塗布
    横浜 ガイナ 省エネ 断熱塗装
    施工前は倉庫内の温度はエアコンをフルに稼動しても45℃もあり、服飾品を保管する倉庫ということで、室内環境を一定に保つことが大変でした。さらに屋根を冷やすために散水器をつけて放水を行っていたために、夏場の水道代も大変なものでした。
    夏涼しく、冬暖かい環境を実現できました。
    エアコン稼動台数を4基から1基へ、さらに屋根の温度を下げるための放水も不要になりました。
    横浜 ガイナ 削減効果 横浜 ガイナ 詳細な金額
  • 横浜 ガイナ エアコン70%の省エネ

    横浜 ガイナ 1日のエアコン稼働率 ガイナの冷房効率向上を試験するため、無塗布の物置とガイナ塗布の物置に同じエアコンを設置し、室温を26度に設定。それぞれの稼働率を比較しました。
    その結果、無塗布物置の稼働率を100%とした場合、ガイナの塗布物置は、9時〜18時の時間帯では稼働率50%、11時〜14時の時間帯では稼働率30%となりました。
    これはガイナ塗布によるエアコン稼働率の低減を証明したものであり、電気料金削減に寄与することができます。
  • 横浜 ガイナ 遮熱効果で温度差29度

    横浜 ガイナ ベランダガイナ塗布後のベランダのベランダ表面温度は、34.4℃(外気温34℃)と、大幅に低下。
    横浜 ガイナ ベランダガイナ塗布前のベランダのコンクリート表面温度は、63.2℃(外気温33℃)。
    夏になると太陽の熱でベランダの床が焼け、触ると火傷をするほど熱くなっていたのが、ガイナを塗ってからは裸足で出ても熱くなく、お子さんがベランダに出ても安心していられるように改善されました。

横浜 ガイナ 多種多様の仕上げ方法

  • 横浜 ガイナ 吹き付け施工吹き付けでは、エアーガン・エアレスガン・温風低圧塗装器など、さまざまなガン器具を用いても施工可能です。
  • 横浜 ガイナ コテ塗り施工濃度調整によりコテ仕上げが可能です。また、専用骨材を入れての施工にも対応できます。
  • 横浜 ガイナ ローラー施工ローラー施工においては、希釈量の調整により、あらゆるパターンに仕上げることが可能です。
横浜 ガイナ 省エネ 断熱塗装
    横浜 ガイナ 経済的エネルギー効果
  • 断熱

    ガイナを建物の天井、内壁に塗るだけで、今まで外に逃げていた熱エネルギーの約60%を封じ込め、冬暖かい究極の内断熱が完成します。
  • 遮熱

    ガイナを建物の屋根、外壁に塗るだけで、太陽光線から受ける影響の約95%を反射し、夏涼しい究極の外断熱が完成します。
  • 耐久

    ガイナは特殊セラミックとアクリルシリコン樹脂をハイブリットすることにより、優れた耐候性を持ち、一般塗料の2〜3倍の寿命になります。
    横浜 ガイナ 快適住空間創出効果
  • 防音

    ガイナを建物に塗るだけで、屋根、天井、壁を通過する音が約4〜10デシベル低下し、静かな住環境を確保することができます。
  • 防露

    ガイナは、近・中・遠赤外線の波長を効率的に反射し、熱エネルギーの移動を抑えることにより、結露発生量を約20%以下にします。
  • 消臭

    ガイナに含まれる特殊セラミックが、空気中の有害物質やいやな臭いを、中和・イオン化し、さわやかな住環境をつくります。
  • 透湿

    ガイナは十分な透湿力を持ち、水蒸気や空気などに通すことで、壁が呼吸し、健康的な住環境が実現します(60cc/日・m2)。
  • 防菌

    ガイナに含まれる特殊セラミックが作用することにより、塗膜をカビや有害な菌から守ります(ガイナ防カビ抗菌対応品)。
  • 防護

    ガイナの熱エネルギーを蓄えない性質により、ガイナが塗布してあれば、100℃に熱せられた鉄板に触れても、火傷することはありません。
  • 安全

    ガイナは環境にやさしい水性で、ホルムアルデヒド放散等級区分(F☆☆☆☆[Fフォースター])を取得しています。
  • 癒し

    ガイナは特殊セラミックのイオン化作用により、空気質を改善し、リゾート地を上回る理想的なイオンバランス空間をつくります。
    横浜 ガイナ 機能性効果
  • 防汚

    ガイナに含まれる特殊セラミックとアクリルシリコン樹脂の効果で、優れた帯電防止性、親水性塗膜となり、防汚性を発揮します。
  • 弾性

    ガイナは弾力性に富んでいるため、亀裂ができにくく、衝撃、振動に強い塗膜に仕上がります。
  • 不燃

    ガイナを特殊セラミック効果により、塗布する材料に合致した不燃性能を発揮します(国土交通大臣認定)。
  • 施工

    ガイナを塗布するには、特別な工具を必要としません。刷毛、ローラー、コテ、ガンなど、あらゆる工具で美しい仕上がりが可能になります。
横浜 ガイナ 省エネ 断熱塗装 横浜 ガイナについてのお問い合わせ
トップに戻る